01. INTRODUCTION

目に焼きついて離れない、優美なフォルム。

紳士に風格や知性を足してくれる、このライトウェイトブリーフケースは
革の特性を知り尽くした、グレンロイヤルの真骨頂です。

今回は、ビジネスシーンを格上げしてくれる逸品の真価を紐解いていきます。

02. DETAIL

現代的なディテールを搭載し、正統派スタイルを実現

イメージ

ブリーフケースのみならず、リュックやトートなどさまざまなタイプが存在するビジネスバッグ。しかし、ビジネススタイルのルールからするとリュックやトートは本来邪道。ブリーフケース、それも革製が王道です。グレンロイヤルのそれは堅牢なブライドルレザーを使いながらも、驚くべき軽さを実現。さらにインナーケースやレインカバーも備えるなど、使い勝手の良さも追求しています。 クラシカルで質実剛健、それでいて現代的にモディファイドされたこちらは、持つ物の品格を高め、歴史が刻まれていく逸品なのです。

イメージ

メインとなるジップの両エンドにはマグネットボタンを配置。少し長めのジップを下げながら開けられるので、大きく開口部が開き、出し入れの際にもストレスを感じません。また、ファスナーを閉める際には持ち手としても機能してくれます。

  • イメージ

    付属のアシストバッグは、13インチのノートパソコンを難なく納める2層のコンパートメントがメイン。クッションパッドも備えており安心です。また、外側には効率よく小物を収納できるポケットもあり、すっきりと収納が可能です。たくさんの荷物を持ち運ぶ際にはアシストバッグでまとめ、少ない場合には本体のみで軽さを実感。また、別の鞄を使用する際にはアシストバッグごと入れ替えられるなど、用途に合わせて使い分けられます。

  • イメージ

    強度のあるブライドルレザーに加え、副資材を極力使わない技術力によって、自立しつつも約700gという軽さを実現。仕切りまですべてブライドルレザーを使用することで、気品あふれる仕上がりになりました。グレンロイヤルでは5種類ある革の厚みと3種類の糸の太さをプロダクトに応じて適切に使用。他にはない堅牢性と軽さを両立させています。

03. HISTORY

ブライドルレザーの鞄が最上とされた、必然的な歴史

ブリーフケースといえば、現代ではナイロン製のものも多く、どちらかといえば武骨な印象のものが多く見られます。しかし、歴史を振り返れば、それがむしろ逆だということが分かります。まずはそのネーミングですが、英語でブリーフとは書類を意味し、特に弁護士が裁判所に提示する訴訟事件摘要書のことを指します。実は日本には存在しないものですが、要は裁判で使用する大切な書類。本来はそういった書類を入れるのが目的ということもあり、薄マチのものが好んで使われました。また、紳士が持つブリーフケースといえばレザー製で、「昇進したら自立できるレザー製のブリーフケースを使用すべき」とするマナー本もある程です。というのも紳士の国·英国においては、ブライドルレザーのバッグこそスタンダード。革とともに歴史を刻んだ、彼らの肥えた目が選んだのは、自立できるほどにタフで堅牢、おまけに美しさも備えるブライドルレザーのブリーフケースだったというワケです。

監修:成羽 学さん
プロフィール
「装苑」「センイ・ジャーナル」などの編集者、記者を経て「流通通信」「WWD-JAPAN」を手掛けるINFASパブリケーションズの大阪支局長を歴任。現在では教育機関での講師などのほか海外展示会PR等の企画制作など幅広く活躍する。

04. USER RECOMMENDATION

「スタイルを選ばない上品でミニマルなルックスが魅力。朝、準備する時間も大幅に短くなりました」(40代 男性)

イメージ

「グレンロイヤルのブリーフケースを手に入れる前は、今日着る服とバッグはどうしよう…と鏡の前で悩んでいました。変えてからは、そんな時間も大幅に短縮。余計な装飾のないシンプルな表情なので、どんなスタイルにもフィット。革靴との組み合わせもかなり幅広いんです。マチが7cmとコンパクトで、且つハンドルも180度折りたためるので、混み合った電車内でクラッチバッグのように抱え込めるなど、利便性も兼ね備えています。その美しい見た目から街を持歩いていても注目されているなと感じるときもしばしば。初対面が多いビジネスシーンでは、「素敵な鞄ですね」と言われることも多く、会話の糸口にもなってくれますよ。それと、やっぱりブライドルレザーですね。使用して約1年ですが馴染むのは予想以上に早く、しなやかな手触りに変化してくれました。といっても、タフさに不安を覚えたことはなく、今でもしっかりと自立をしてくれます!」

05. Q&A

イメージ

Q. 今まで使っていたレザーブリーフケースでは、本体が曲がってしまったことがあるの ですが、グレンロイヤルではどうでしょうか?
A. グレンロイヤルでは適切なレザーの厚みを残しているため、愛情を持って適切にご使用いただければ、本体自体が曲がってしまう可能性は少ないです。 また、付属しているバッグインバッグを入れることで背骨の役割を果たし、曲がりなどの作用を抑制することもできます。
Q. 仕事で使うので重くないのかが気になります。
A. レザー製のブリーフ=重たいという概念を覆した商品です。ただ軽いだけのレザーブリーフであれば世にたくさんありますが、グレンロイヤルのブリーフケースはブライドルレザーの質感や存在感をしっかりと感じられる仕上がりになっています。
Q. 長く愛用したいのですが、修理は可能ですか?
A. グレンロイヤルのバッグ全般に言えますが、作り自体はとてもシンプルです。そのため、修理もしやすい構造になっております。可能な限りの修理にご対応させていただきますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。
(基本的にメールでのご連絡となります)


修理品の送付先
〒107-0062
東京都港区南青山5-14-1 グリーンビル2F
渡辺産業株式会社 修理係
repair☆watanabe-int.co.jp
(☆を@に変えて入力してください)