01. INTRODUCTION

グレンロイヤルのプロダクトのなかでも、
屈指のロングセラーモデルである「ラウンドロングパース」。
堅牢なブライドルレザーを用いながら、細部へのこだわりと美しい形状を両立。
男女問わず好評を博す、人気モデルの核心に今回は迫りました。

02. DETAIL

硬派なブライドルレザーと
実用的なディテールが融合

イメージ

「ラウンドロングパース」の特徴のひとつが独創的かつ機能的なルックス。丸みのある形状とフラップ&スナップボタンが表に出ることで、武骨なブライドルレザーの印象を中和。上品でさまざまな場面にもフィットする雰囲気を醸しています。また、小銭入れのジップは曲線的なラウンドタイプをチョイス。取り出しやすく、中身を確認しやすい機能的ディテールとなっています。さらに、本体の表面はフラットな部分が多く、数あるグレンロイヤルのプロダクトのなかでも、ブライドルレザーの経年変化が実感しやすいプロダクトであることも見逃せません。

イメージ

  • イメージ

    4つのお札ポケットや5箇所のカードポケットに小銭入れと、抜群の収納力を誇るラウンドロングパース。そんな大容量でもコンパクトに持ち運べるよう、スナップボタンを付属。不意に中身が飛び出してしまう心配もありません。また、お買いもの時のレシートなど、つい入れ過ぎてしまった場合でも留められるよう、2箇所のボタンで調節が可能

  • イメージ

    小銭入れはカーブを描くラウンドジップを採用。開口部を大きく開くことができるので、小銭の出し入れが容易に。また、通常のジップの場合、革が馴染んでいない使い始めは、奥にある小銭はどうしても取り出しにくいもの。ラウンドジップは始めから開きやすく、使い勝手が格段に飛躍します。

03. HISTORY

日本、ヨーロッパともに
財布の原型は長財布

財布の歴史は貨幣の歴史とも密接に繋がっています。諸説ありますが、現在分かっている限りでは、初めて硬貨が発行されたのが紀元前7世紀のトルコ周辺。その周辺から発見された銅像には、財布らしきものを身に付けた様子が伺えます。現在の財布に近い形になるのは欧米で紙幣が誕生した17世紀のこと。当時はもちろんカードなどなく、お札を入れることが目的のため、形は長財布が主流でした。また、素材は革製が広く使われていました。その後、1950年以降にクレジットカードが登場し、現在のような財布の形状に進化していきました。
一方、日本では17世紀に藩札と呼ばれる地域ごとの紙幣が誕生します。当時は懐紙という紙を使用する習慣があり、それを持ち運ぶ“紙入れ”が普及。その紙入れを応用し、藩札を持ち運ぶために、財布の原型ができました。その後、文明開化を機に欧米風の風貌へと徐々に変化。クレジットカードの登場以降は、さまざまなデザインの財布が生まれていきました。

監修:成羽 学さん
プロフィール
「装苑」「センイ・ジャーナル」などの編集者、記者を経て「流通通信」「WWD-JAPAN」を手掛けるINFASパブリケーションズの大阪支局長を歴任。現在では教育機関での講師などのほか海外展示会PR等の企画制作など幅広く活躍する

04. USER RECOMMENDATION

「大容量なうえスナップボタンとフラップがあるので安心して収納ができます!」(30代 男性)

イメージ

「シンプルながらも思わず目を引くデザインにひと目惚れしました。その一方で、収納性はどうなんだろうと実は少し不安だったんです。でも実際に使ってみると、お札や小銭も入れやすく収納性は予想以上。しかも、フラップとスナップボタンでしっかりとホールドできるので、安心して持ち運べました。それに、経年変化が目に見えて分かりやすいので、これからが楽しみ。使い込んでもフラップやスナップボタン部分の耐久力は変わっていないことも嬉しいですね!」

「ラウンドジップに加え、お札入れやカード入れも多いので細かく収納ができます」(20代 女性)

イメージ

「大容量な長財布ってたくさん入れられるけど、中身を上手く整頓できないタイプも多いですよね。その点、ラウンドロングパースは開いたときに何が入っているか見えるので、整理も簡単。使い込むうちに、お札入れもラウンドジップの小銭入れも、手に馴染んでどんどん出し入れしやすくなっています。また、普段使っているとカードがどんどん増えてますが、収納する場所が多いのでひとまず空いている場所に収納しておけるのもポイント。もちろんデザインもお気に入りで、ついついテーブルの上に置いて眺めてしまいます(笑)」

05. Q&A

イメージ

Q. 丸みのある特徴的なデザインですが、あまり他のブランドでは見かけませんね。
A. もともとは女性向けに作られた財布で、ブライドルレザー以外でも以前はタータンチェックや花柄がプリントされたレザー等でも展開がありました。しかし、デザインの良さから多くの男性からも支持を得て、今ではグレンロイヤルを代表するモデルのひとつです。
Q. 名前の由来はなんですか?
A. ずばり見た目からのネーミングです。お気づきになるかと思いますが、この財布は角が丸みを帯びていることが特徴です。もともとは女性向けの財布だったことから採用した仕様ですが、これがブライドルレザーにありがちな堅さを和らげ、オン·オフともに合わせやすい財布となりました。
Q. 長財布にしてはやや小さいように感じます。日本のお札は入りますか?
A. 実際にお試しいただくことをお勧めしますが、日本の紙幣も問題なく納めることができます。小銭入れに関してもジップ部分がラウンドしており、開閉がしやすく取り出しやすいよう工夫をしております。デザイン性、サイズ感、使い勝手の良さと3拍子揃った財布となっております。