GLENROYAL of Scotland

REPORT.46

ブリーフケース |
現代にも違和感なくマッチする英国クラシック

2 COMPARTMENT BRIEF CASE

2 COMPARTMENT BRIEF CASE_1

ミュージカルといえばニューヨークのブロードウェイを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はロンドンもミュージカルの街として知られているのをご存知でしょうか。金融の街、シティの西側を占めるウエスト・エンドと呼ばれるエリアがその舞台。劇場のほか、映画館も多く、歓楽街やショッピングストリートのあるソーホーもウエスト・エンドにあります。『レ・ミゼラブル』や『オペラ座の怪人』、『ロミオとジュリエット』など、世界的に有名な作品の中にはロンドン発のものも少なくないくらい、ミュージカルとの結び付きは強いのです。
そんなウエスト・エンドとブロードウェイを比べてみると、劇場の数はほぼ同じで、年間の観客数もほぼ同数。大きく違うのは年間の興行収入で、ウエスト・エンドよりもブロードウェイの方が倍近く多いのだそう。その理由はチケットの料金がブロードウェイの方が2倍以上も高いからです。しかしながら、歴史の観点から見ると、ウエスト・エンドに最初の劇場ができたのは1663年で、ブロードウェイは1750年と、ウエスト・エンドの方が古い歴史を誇っています。

2 COMPARTMENT BRIEF CASE_2

さて、グレンロイヤルで歴史を感じさせるアイテムといえばフラップ付きブリーフケースではないでしょうか。堅牢なブライドルレザーを使ったクラシックな意匠を踏襲し、威厳のある重厚な風格を特徴としています。内部は2室に分かれていて、現代のビジネスシーンにマッチするサイズを特徴とするなど、見た目以上に使いやすくなっているのも魅力。英国らしさを気軽に体験するにはぴったりのバッグといえます。

2 COMPARTMENT BRIEF CASE

Size:
H 28 × W 42.5 × D 10.5(cm)
Color:
New Black, Cigar
Price:
¥231,000