GLENROYAL of Scotland

デジタル時代に選ばれる財布の条件とは?

スマートフォンにICカードや会計アプリを入れて買い物ができるようになった今でも、あつい信頼を得ている財布があります。会計のデジタル化が進んだとはいえ、スマホ決済のできないお店や現金支払いのみのお店がまだまだ存在するというのも事実ですし、会計後に受け取る領収書や小銭の保管など、スマホでは代用できない場合も。
そんな時にやはり便利なのが財布です。中でもコンパクトなサイズ感にして、煩雑な小銭や領収書の整理を一気にクリアしてくれるタイプに限ります。そんな条件を満たしてくれるのが、今回ご紹介するジップアラウンドスモールウォレットです。時代によって支持される形状は変わっていくものの、常に大切なものを守ってくれるという安心感は財布に優るものはないのです。

ZIP AROUND
SMALL WALLET

手のひらサイズのコンパクトなジップ付き2つ折りの財布。ジップの先にレザーが配されているので、小さくてもつまみやすくストレスなく開閉できるのが特徴。ブルゾンやジャケットのポケットや、小型化していくバッグにも収めやすいほどよいサイズ感がポイント。内側にはカード収納やマチ付きのコインケース、さらには仕切りのある札入れを用意。コンパクトな見た目以上に充実した収納力が強みです。

ジップアラウンドスモールウォレットの画像です

また、背面外側にはカードポケットがあるので、使用頻度の高いICカードが収納しやすく、財布を開かなくてもカードの出し入れがスムーズ。しかもDリングが付いているので、ウォレットコードでバッグやパンツに取り付けたりと、使い勝手もセキュリティ面も考慮している点が秀逸です。耐久性のある上質でツヤ感のあるブライドルレザーは所有感を満たしてくれますし、時間とともに経年変化が楽しめ、愛着の湧く仕上がりとなっています。

奥まで食い込むジップで
ストレスなく一気に見開き

こちらの財布は深めに入ったジップが特徴。開口部が広いので視認性が高く、紙幣や小銭、カード類が簡単に取り出せるというわけなのです。コンパクトなサイズなのに、使い勝手にストレスを感じさせないのは、こういう細部の作り込みがあるため。長く愛用できて、飽きが来ないのは、こうしたディテールの積み重ねが効果を発揮しているのです。

そのためジップも長めにとっているのでパターンや縫製面で通常より手間が加わりますが、そうすることで使い勝手を向上させています。
また、細めのジップを採用して、よりエレガントに見えるデザインバランスも秀逸です。

コインパース横向きの画像

領収書をキチンと保管できる2つの札入れ

買い物の際に受け取る領収書やレシート。そのまま入れておくと、財布が妙に膨らんだり、カードが埋もれて探し難くなる原因にもなりかねません。そんな点をすっきり解消してくれるのが、こちらの札入れ部分なのです。こんなにコンパクトなのに、札入れが二部屋分かれているのが特徴。手前は大きく開く仕様なので、お札が出し入れしやすく、奥の札入れは開閉しにくいので領収書やチケットなど、なくしてはいけないものの保管と使い分けて保管ができます。
また、手前の札入れの背面にはカードポケットが2つ付いているので、常に持ち歩くカードを納めておくのに絶好のデザインとなっています。

ほどよく収まる計算されたコインパース

デジタル社会になっても、なくならないのが小銭。とりわけ日本では駐車場や自動販売機など、小銭がないと困ってしまう場面も多々あるでしょう。とはいえ、お釣りを受け取り収納もないまま、ポケットの中でジャラジャラさせるのも気持ちのいいものではありませんし、財布が小銭で膨らみすぎるのも美しいものではありません。こちらのジップアラウンドスモールウォレットは財布を開いた時に、そのままの状態で横長のコインパースを親指で開けやすい仕様になっているので、簡単に小銭の出し入れができます。

横長のコインパースの画像
コインパースを開いた画像

しかもほどよくマチ付きなので、膨らみすぎずちょうどいい量の小銭が入るという設計も白眉です。さらに、カードポケットの手前が斜めにカットされているのは、小さな面積でもサッとカードを取り出しやすくするためです。水平だとこうはいきません。実用性を追求しつつ、財布のデザインとしている点も考え尽くされているのです。この仕様のおかげでどんな瞬間もスマートに過ごせます。

使い勝手抜群の外付けのカードポケット

頻繁に使うカードのひとつが交通系のICカード。
駅の改札口での支払いはもちろん、ちょっとしたものをコンビニで買う時、急ぎのタクシーでの支払い、あるいはチャージしたりと、出入りの多いカードの一つです。
そんな時、財布の中にカードを納めていると、取り出すだけで時間がかかり、あたふたとしてしまうことも。その点こちらはカードポケットが外付けされているため、取り出す手間がかからず、スムーズに対応可能。

交通系のICカードが入る画像
ジップアラウンドスモールウォレットの画像

持ち物が小型化して、ミニマルになっている今という時代は、生活に必要な物を見直したり、見極める絶好の機会でもあります。全ての消費行動が始まる買い物と切っても切れない存在なのが財布。どんなにIT化が進もうとも、オールインワン感のある財布は手放せないのではないでしょうか。

そんな中で支持を高めている財布は、今流行りのミニ財布や、数年前に流行していた長財布よりも、こちらのジップアラウンドスモールウォレットです。使い勝手、デザインの仕様、紙幣や小銭、カードなどの収まる容量がちょうどよいバランスです。必要なだけの紙幣、小銭、領収書がほどよく一つに収まり、安心感と洒落た雰囲気のある財布が求められる、そんな声に応えています。

スマートフォンも便利ですが、なくしたり、バッテリーが切れたりということがあります。そんな場面でのリスク回避という意味でも、大切な紙幣やカードは信頼できる財布に収めておくのが最善でしょう。スマートフォンとは異なりバッテリー量を気にすることなく、どこまでも持ち運べる財布は、デジタル時代にこそ最強のツールといえるのです。

ZIP AROUND SMALL WALLET

Color Price
Bridle Leather 全5色 ¥40,700(税込) ご購入はこちら

photo Masahiro Sano 
text Hiroyuki Horikawa