GLENROYAL of Scotland

ビッグトートバッグと2ハンドルトートバッグを徹底比較

グレンロイヤルの2大定番、ビッグトートバッグと2ハンドルトートバッグ。どちらも現在ベストセラーのレーザートートバッグなので、購入にあたりどちらがいいのか迷われる方が多いそうです。そこで今回は2つのトートバッグの違いと共通点を徹底的に比較していきます。

ビッグトートバッグ

グレンロイヤル最大級の
容量を誇るシンプルトート

ビッグトートバッグの画像です

グレンロイヤルのオールレザーのバッグの中でも、最大級の容量を誇るのがこちらのビッグトートバッグ。ブランドの象徴的な素材である、ブライドルレザーを存分に使用し、裏地のない1枚仕立てのシンプルな仕立て。最小限のパーツで構成されているので、パッと見た印象よりも軽く感じられるでしょう。サイズは、縦39cm×横43cm×マチ11cm。PCやタブレット、周辺機材を一緒に収納しても余裕があるほど。荷物が少ない方は1泊程度の旅行にも対応可能です。

2ハンドルトートバッグ

自立可能な
ビジネストートの最右翼

2ハンドルトートバッグの画像です

こちらもブライドルレザーを全面に使用した、シンプルでスマートな縦長のトートバッグ。床に置いたときも自立しやすい設計なので、ビジネスマンを中心に高い支持を得ています。A4サイズが余裕で収納できるサイズ感。ボディとハンドルを繋ぐパーツは、馬具で使用される英国製のアンティークブラス製のパーツ。シンプルなバッグこそ、こうしたこだわりの金具は映えるポイントになります。サイズは縦約37cm×横約35cm×マチ幅約8cm。

徹底比較
人気のトートバッグ
違いはこの4つ

サイズがとシルエットとが違いを見せている画像です
1. サイズとシルエットが違う

レザーを使用したトート中では、二つともビッグサイズですが、ビッグトートバッグは、縦39cm×横43cm×マチ11cm。それと比べて2ハンドルトートバッグは縦37cm×横35cm×マチ幅8cmで全体に一回りほどの違いがあります。また、シルエットとしてはビッグトートバッグは横長トート、2ハンドルトートバッグは縦長トートとなるので、コーディネートや用途で使い分けていただくのもオススメです。

2. マチ幅と付き方が違う

縦横で大きさの違う2つのトートバッグですが、マチ幅にも違いがあります。2ハンドルトートバッグはマチ幅が細身なので、持っていただいたときにもスマートな印象に。一方ビッグトートバッグはマチ幅もたっぷりなので、カジュルスタイルを引き締めるポイントにも。また、マチの縫い方がそれぞれ違っていて、ビッグトートバッグは使い込むとマチが外側に膨らむ形状に。2ハンドルトートバッグはマチが内側に食い込むような縫い方になっています。

マチ幅と付き方が違いを見せている画像です
ハンドルのつき方が違いを見せている画像です
3. ハンドルのつき方が違う

ビッグトートバッグはハンドルがバッグ本体に直接縫い付けている仕様に。1枚のレザーで作ったシンプルさが際立ちます。ハンドルの長さはそれほど長くないので、手に持った時のバランスがいいのはもちろん、肩に掛けた時もジャストな長さ。一方、2ハンドルトートバッグは、英国製のアンティークのブラスのパーツがポイントに。また、ビッグトートバッグに比べて、ハンドルが少し長めなので手持ちの時も少しエレガントですし、肩掛けも余裕を持ってご使用いただけます。

4. 内側のポケットの有無が違う

ビッグトートバッグは表向きシンプルですが、内側にはブライドルレザーの仕切りが付いていて、ちょっとした小物や書類は小分けして収納できる仕様になっています。一方、2ハンドルトートバッグは内側の間仕切りはなく、実にシンプル。どんな荷物もざっくりと収納できるのが魅力です。最近は荷物ごとにバッグインバッグを使い分けされる方も増えており、細かな仕切りやペン差しなどがないシンプルなデザインが重宝される方もいます。

内側のポケットの有無が違いを見せている画像です

USER RECOMMENDATION

ソリマチ アキラ様の画像です ビッグトートバッグソリマチ アキラ 様
(イラストレーター)

カジュアル又はタイドアップするドレススタイルでも、コーディネートを選ばずに使いこなせる上品でミニマルなデザインや、上質で使う程に艶を増し、柔軟になっていくブライドルレザーが魅力です。
容量の大きさと丈夫な縫製による、使い勝手の良さは、自由業でありつつもビジネスライクなタイミングも必要とする僕の生活には、最も適した鞄の一つです。
とにかく容量が大きく、システム手帳・財布・名刺ケース・カードケース・サングラス・レザーファイルなどは常に持ち歩き、もちろん脱いだアウターやちょっとした買い物で増えた荷物、仕事で使う資料なども難なく収納出来るのも良いところと感じます。
これからも使用していく日々と共に、しっとりと艶やかに、身体に馴染んでいくのでその経過も楽しみの一つなので長く愛用していきます。

小曽根 広光様の画像です 2ハンドルトートバッグ小曽根 広光 様
(ファッションエディター)

ビスポークスーツに合う鞄を探していて、色々吟味の末こちらにたどりつきました。個人的には“ビーントートのドレス版”と感じていて、極めてシンプルで飾らない表情ゆえの普 遍性が、一生モノの仕立て服にもマッチする懐の深さに繋がっていると思います。ジャケットやデニムにも合い、クセのない鞄なので服装の邪魔をしないので重宝します。
容量は十分ですが中に仕切りはないので小分け用のポーチを活用しています。ノートPCや書類などはA4サイズのドキュメントケース、細々した充電器やポケットwifiなどはミニポーチに収め、財布と鍵は、普通に入れると荷物に紛れてしまうので、ハンドルの根本にカラビナ付きの短いストラップをつけて、内側に垂らしています。
PCを常に持ち歩いているので、荷物が重くなりますが、堅牢なブライドルレザーゆえ型崩れしないところも魅力に感じました。かなりハードに使っていますが、エイジングはまだまだ途上。これからの変化も楽しみです。

今、大きいトートバッグが
再び人気の理由とは?

画像です

最近はオフィス以外でも移動しながら仕事をされる方も増え、ノートパソコンや電源ケーブル、充電器などのPC関連の荷物を持ち運ぶ機会が増えているようです。財布など小型化しているものもある一方で、トータルでの荷物は増えているのが実情です。そんな時に、ざっと全てを収納できるビッグサイズのトートバッグが便利。金具も最低限使用したものや、ほぼ使用していないものもあるので、持った印象は見た目以上に軽やか。

また、コーディネートの際に、カタチはトートバッグですが、上質なブライドルレザーを使用しているので、カジュアルすぎる印象がありません。使い込むほどに革が馴染み独特のクッタリとした質感と増していく光沢感はこのブランド唯一無二。時間とともに魅力的に変化を楽しめるバッグはなかなかないのではないでしょうか。
さらに軽装になるこれからの季節、シンプルなカットソーにスニーカーではカジュアルすぎますが、こんなトートバッグを持つだけで着こなしが引き締まって見えるのです。

ビッグトートバッグと2ハンドルトートバッグ、それぞれシーンや着こなしで使い分けいただくのも一考です。

photo Masahiro Sano text Hiroyuki Horikawa

BRIDLE LEATHER BIG TOTE BAG

Color Price
Bridle Leather 全4色 ¥99,000 (税込) ご購入はこちら

2 HANDLE TOTE BAG

Color Price
Bridle Leather 全5色 ¥85,800 (税込) ご購入はこちら