REPORT.29

ダイヤリーカバー |
ブライドルレザーがアナログ体験を趣深く

B6 DIARY COVER

B6 DIARY COVER_1

男性の衣服として知られるスーツは、さまざまな変化を経て今日の形へ進化してきたわけですが、実はスーツが誕生した日が明確に存在していることをご存知でしょうか。1666年10月7日に、当時のイギリス国王チャールズ2世が衣服改革宣言を発表。それまで男性は、レースやリボンなどで過剰に装飾された丈の短いジャケットと半ズボンを着用し、ハイヒールを履いて化粧までしていました。それが上着+ベスト+パンツ+シャツ+タイという、スリーピーススーツの原型となるシステムへ変わったのです。
その背景になるのは、ペストの大流行とロンドン大火。国民の不安が宮廷へ集中したのに対して、貴族が着る服をシンプルにして倹約することで、イメージアップを図ったのです。では、なぜ衣服改革宣言の日がはっきりと分かっているのでしょうか。それは、サミュエル・ピープスなる人物の日記に当時のことが書かれていたからです。サミュエル・ピープスは、仕立て屋の息子として生まれながらイギリス海軍の最高実力者にまで出世した人物。衣服改革宣言について、「ベストが導入される。これは貴族に倹約を教える服になる」と記されていたそうです。

B6 DIARY COVER_2

スーツが誕生して350余年。デジタル化が進んだ現在でも日記帳や手帳を使うアナログ派も健在で、そんな人たちにおすすめしたいのがダイアリーカバーです。表紙と裏表紙を差し込むタイプで、ペンホルダーとフラップを装備。日記帳の厚さに合わせて調整できるように、2個のスナップボタンが付くなど、細部にもこだわっています。日記や手帳のような「手書き」という体験は、言い換えれば“時を刻む”行為といえます。同じように、日々味わい深くなっていくブライドルレザーに時を感じる――。そんなアナログな体験も、時には悪くないものです。

B6 DIARY COVER

Size:
収納サイズ / H 18.2 × W 12.8(cm) 本体サイズ / H 20 × W 14.5(cm)
Color:
Cigar, Oxford Tan, Dark Blue, New Black, Aubergine, Gold, Bottle Green, Bordeaux
Price:
¥18,000